real estate

高まる不動産への意識

building

金融緩和や国債の大きな動きは、一般人が不動産へ関心を持つきっかけとなっています。売却するのに良いタイミングであり、多くの人が不動産での売却に注目しています。自分の条件に合った売却方法で、買取ってもらいましょう。

Read More

売却時の注意点

building

不動産を売却する際は、いくつかの注意点があります。1つは、土地の価値を知っておくことです。社会状況によって変動するので、こまめにチェックしベストなタイミングで売却すると良いでしょう。

Read More

経済状況による景気

収益物件への投資に関心が高まっています

building

アベノミクスによる大胆な金融緩和や、日銀の長期国債の購入による長期金利の低下により、景気回復への期待やインフレへの期待が高まっています。そこで、インフレに強い資産の代表格である不動産、中でも収益物件への投資に関心を持つ人が増えています。収益物件への投資の代表的なものに、一棟売りマンションが挙げられます。一棟売りマンションは、アパートとは異なり、一般的に耐用年数が長いことから、投資家としては金融機関から長期間にわたる融資を受けやすいというメリットがあります。ここでは、大阪で一棟売りマンションを購入する場合に注意しておくべきことを述べたいと思います。まず、大阪に限らず日本全体では人口がすでに減少しているということです。

利回りだけに着目してはいけません

ご存じのとおり、日本はすでに超高齢化社会に突入しており、空き家率も全国平均で10%を超えていいる状況です。この傾向は今後も続くものと予想されており、人口が減るということはそれだけ賃貸需要も減るということが言えるため、一棟売りマンションを購入して経営する場合には注意が必要です。大阪は、確かに日本で東京に次ぐ第二の都市ではありますが、人口減少に伴い賃料も減少することが予想されています。したがって、大阪での一棟売りマンションの購入にあたっては、購入当初に想定していた利回りが将来的に確保できない可能性があります。もちろん、投資用不動産の購入にあたっては、利回りだけに着目してもいけません。利回りが低い物件であっても、賃貸需要が減少しにくい立地の物件を選ぶべきであるのは言うまでもありません。

注目されている場所

nice house

交通に便利な場所は、住宅を購入を考えている人から注目されています。また、繁華街や公園などがあれば、住宅の周囲環境は良いと言えるでしょう。価格は高くなりますが、徒歩圏内を超えるだけでお得に購入することが出来ます。

Read More